TOONER

TOONER / HowTo


今現在、TOONERではコマンド入力によってしかモデリングできません。
なのでコマンド一覧をご観覧する事をお勧めします。

<コマンド一覧>


カメラの動かし方


ただし、カメラはコマンド入力をしなくても動かす事ができます。

以下のキーとマウスドラッグを組み合わせる事によってカメラを動かす事ができます。
マウスドラッグを開始すると十字方向に線が現れます。
この線の内側はあそびになっています。
また、カメラの移動中はモデルの表示が線のみになります。

Shiftキー+マウスドラッグ
カメラを水平、垂直に動かすことができます。

Ctrlキー+マウスドラッグ
カメラをコントロールポイントを中心に回転させることができます。

スペースバー+マウスドラッグ
カメラの向きを調節できます。

Zキー+マウスドラッグ
カメラのズームを調節できます。左右でズーム値が上げ下げし、上下でカメラが前後に移動します。


Editタグ


"OK"ボタン
テキストエリアに入力したコマンドを実行します。
参照:<コマンド一覧>

"Camera"ボタン
カメラの状態を数値化したものがテキストエリアに書き出されます。
この数値をいじってOKボタンを押すと、カメラを移動させたり回転させたりできます。

"Light"ボタン
ライトの状態を数値化したものがテキストエリアに書き出されます。
この数値をいじってOKボタンを押すと、ライトを回転させたり強さを調節したりできます。

"Delete"ボタン
テキストエリアに入力したテキストを消去します。

カラーコンソール
モデルに使用する色を編集できます。
"Input"ボタンを押すと作成した色が16進数としてテキストエリアに書き出されます。


I/Oタグ


"Input"ボタン
TNRフォーマットを読み込み、編集中のモデルに上書きします。

"Output"ボタン
編集中のデータをTNRフォーマットとして書き出します。

"+Parts"ボタン
パーツとしてTNRフォーマットを読み込み、編集中のモデルに追加します。
コントロールポイントを中心としてパーツが追加されます。


Exportタグ


"Start"ボタン
エクスポートの計算をするためのプレビューウィンドウが開きます。

"Config"ボタン
エクスポートの設定をするためのウィンドウが開きます。


プレビューウィンドウ

"キャンセル"ボタン
エクスポートせずにプレビューウィンドウを閉じます。

"to PDR"ボタン
PDR形式のテキストをエクスポートし、プレビューウィンドウを閉じます。
このデータをテキストエディッタにコピーして拡張子を".pdr"に変更するとParaDrawやParaFlaで読み込めます。
参考:<ParaFla!のページ(公式サイト)>

"to AS"ボタン
ActionScriptの描画メソッド形式のテキストをエクスポートし、プレビューウィンドウを閉じます。
MX以上のFlashまたはFlashMX以上相当のFlash作成ツールで使用できます。



TOONERのトップに戻る