TOONER

TOONER / TNRフォーマット


TOONER内のI/Oタグで入出力の際に使用されるフォーマットです。
勝手に作ったフォーマットですから対応するツールはTOONERだけになります。スミマセン。
また、直接編集する場合はTOONERで使われている座標の関係を知っておいた方がよいでしょう。

<TOONER内の座標について>


TNR001


TOONER Ver.-0.4.0以上にて入出力されるフォーマットです。

改行や半角スペースは無視されます。
必ず半角","(コロン)で区切ります。
","が不足したり余分にあったりすると意図しない動作になってしまいます。
なぜか<point index>にだけ全角が使えます。
[〜]は〜の部分を繰り返す事を意味します。


TNR001,
<stage width>,<stage height>,<stage color>,<line color>,
<camera x>,<camera y>,<camera z>,<camera rotate x>,<camera rotate y>,<camera rotate z>,<camera zoom>,
<light rotate x>,<light rotate y>,<light value>,<light color>,
<number of points>,
[<point index>,<x>,<y>,<z>,]
<number of lines>,
[<point index a>,<point index b>,]
<number of surface>,
[<color>,<number of point index>,[<point index>,]]


TNR001 : フォーマットの識別子

<stage width> : エクスポート時のステージの幅(px)
<stage height> : エクスポート時のステージの高さ(px)
<stage color> : エクスポート時のステージの色(RRGGBB)
<line color> : エクスポート時の線の色(RRGGBB)

<camera x> : カメラの位置のx座標
<camera y> : カメラの位置のy座標
<camera z> : カメラの位置のz座標
<camera rotate x> : カメラのx軸の向き(Deg)
<camera rotate y> : カメラのy軸の向き(Deg)
<camera rotate z> : カメラのz軸の向き(Deg)
<camera zoom> : カメラのズーム値(50がデフォルト)

<light rotate x> : 平行光源のx方向の向き(Deg)
<light rotate y> : 平行光源のy方向の向き(Deg)
<light value> : 平行光源の強さ(100がデフォルト)
<light color> : 平行光源の色(RRGGBB)

<number of points> : 点の総数

<point index> : 点の名前
<x> : 点の位置のx座標
<y> : 点の位置のy座標
<z> : 点の位置のz座標

<number of lines> : 線分の総数

<point index a> : 始点の名前
<point index b> : 終点の名前

<number of surface> : 面の総数

<color> : 面の色(RRGGBB)
<number of point index> : 面の角の数
<point index> : 角にする点の名前



TOONERのトップに戻る